MENU

池尻大橋耳鼻咽喉科

検査・施設・手術

検査

聴力検査(標準純音聴力検査、標準語音聴力検査)

聴力障害の程度、性質を検査し病変の存在部位を調べます。
補聴器の適応性を見ることもできます。

ティンパノメトリー

鼓膜、中耳伝音系の可動性を見る検査で滲出性中耳炎、耳硬化症などの補助診断を行います。

平衡機能検査(赤外線CCDカメラ)

めまいの検査法で、CCDカメラ付きのフレンツェル眼鏡を装用し病的眼球運動を観察し病変部位等の診断を行います。

ファイバー検査・電子内視鏡検査(喉頭、臭裂.鼻咽腔.副鼻腔)

3㎜程の太さのファイバースコープを鼻内より挿入し鼻、のどの異常を調べます。
鼻内・声帯ポリープ、副鼻腔炎、咽頭癌、喉頭癌などの診断に用います。
電子内視鏡を使用すると患者さん自身もモニターで鼻や「のど」の状態を観察することができます。

簡易無呼吸検査

自宅で行える検査で無呼吸、いびきの程度を調べます。

レントゲン検査(鼻骨、副鼻腔)

鼻・副鼻腔のレントゲン検査で副鼻腔炎、鼻骨骨折などの診断に用います。

血液検査一般

アレルギー、甲状腺ホルモン、貧血、肝腎機能検査等を調べます。

細菌検査

耳、鼻、「のど」から分泌物を綿棒で採取し中耳炎、副鼻腔炎、扁桃炎などの起因菌を調べます。
菌が同定されれば薬剤感受性検査を行い耐性菌の有無も調べます。
咽頭淋菌・咽頭クラミジア、マイコプラズマ検査も行っています。
結果が出るまで4日~7日かかります。

細菌・ウイルス迅速検査

鼻の奥や「のど」から綿棒で分泌液を採取し、細菌やウイルスの感染を調べる検査です。数分で結果が出ます。
  溶連菌、マイコプラズマ、インフルエンザウイルス、アデノウィルス、RSウイルスなどの感染を調べます。

CT・MRI

当院に設備はありませんが、メディカルスキャニングと提携しており検査日を当院で予約し、メディカルスキャニング(場所:渋谷、用賀など)で撮影し当院で検査結果を説明いたします。

手術

当院での手術は全て局所麻酔で日帰りです。


鼓膜切開術

急性中耳炎や滲出性中耳炎の時に行います。
鼓膜を麻酔し鼓膜に切開を加え鼓膜の奥に溜まった膿汁、浸出液を吸引除去します。

鼓膜チューブ挿入術

薬剤など長期加療しても改善しない難治性の滲出性中耳炎に対し行います。
鼓膜麻酔を行い顕微鏡下に鼓膜にチューブを挿入します。

耳介血種開窓術

耳介の皮下または軟骨膜下に貯留した血液または滲出液を耳介皮膚に切開を加え排液します。

鼻茸摘出術

鼻内より鼻茸(鼻ポリープ)を鉗子、レーザーまたはサージトロンで摘出します。

下鼻甲介粘膜レーザー焼灼術

アレルギー性鼻炎の治療で鼻の粘膜をレーザーで焼灼します。
主に鼻づまりに対し有効です。

鼻腔粘膜焼灼術

鼻出血の止血困難な場合サージトロンという止血機器で出血源を焼灼します。

扁桃周囲膿瘍切開術

扁桃周囲に溜まった膿瘍を口腔内より粘膜切開を加え排膿します。

異物摘出術(外耳道、鼻腔、咽頭)

「のど」の奥に刺さった魚の骨などは異物用の内視鏡を鼻内より挿入し摘出します。

顎下腺唾石摘出術(口内方)

顎下腺唾石の表在性のものを口の中から摘出します。

口唇腫瘍摘出術


口蓋腫瘍摘出術


院内設備

  • 聴力検査装置
    聴力検査装置
  • 超音波ネブライザー
    超音波ネブライザー
  • 炭酸ガスレーザー装置
    炭酸ガスレーザー装置
  • レントゲン撮影装置
    レントゲン撮影装置
  • 異物用ファイバー
    異物用ファイバー
  • サージトロン
    サージトロン

電子カルテ
画像ファイリングシステム
耳鼻咽喉科ユニット
手術用顕微鏡
電子内視鏡

施設案内

  • 受付
    受付
  • 待合室
    待合室
  • 診察室
    診察室
  • ネブライザー室
    ネブライザー室